若いころのケアを甘く見ていた結果

シミが、かなり目立つようになってきてしまいました。( ;∀;)

私は20代の頃は特になにかスペシャルなケアをしていなくても、友達や彼に

「お肌ツルツルだね~」「肌きれいで羨ましい~」などと言われていました。

中学生、高校生くらいで女の子達はニキビで悩んだりオイリー肌で悩んだり、早くから肌悩み抱える子って多いじゃないですか?

その点私は、顔を洗顔フォームで洗わない日があろうが、化粧水を塗らなかろうがニキビ、乾燥、オイリーなど肌トラブルを感じたことはありませんでした。

そして就職し、美容業界に転職。

美容業界は皆さん、肌ケアやヘアケア、ボディケアにお金をかけてキレイを維持している方が多いのですが、

当然私は、その時もお高い化粧品など使ってケアすることがなくても「肌キレイだね!」と言われ続けていました。

さすがに、お風呂上りに安い化粧水を塗るくらいはしていましたが。

当時、もうこれは、私の肌は特になにもしなくても綺麗でいられるものなのだ、生まれ持った肌質の良さなのだ!ラッキー!!と思い込んでいました。笑

そのまま20代後半までろくにケアせず過ごしていましたが、ある日、朝化粧をするために鏡をのぞくと

よーく見ないと見えないけど、確かに存在を感じる薄~いシミを発見しました。もうかなり薄いので他の人に見てもらってもわからないくらいの。

薄いので化粧すれば見えなくなりますが、シミができ始めたことによってかなり焦りました。

そのころ私は美容業界で何年も働いていたのでお肌について詳しくなっていたからです。

シミは若いころの肌へのダメージが急に出てくるもの。なのでダメージを受けているときにケアしておいかないと、トラブルが出始めてからでは対処できない、ということを知ってしまっていました。私は若いころ、一切のケアをしていません。

それから急いで、美白ケア系の基礎化粧品を使い始めましたが時すでに遅し。効果はあまり感じません。加速していくのみ。

その後妊娠をきっかけにさらにそのシミは濃くなり今では、どんなにファンデーションやコンシーラーを厚塗りしても消えません。

どうして若いころあんなに調子に乗ってしまっていたのだそうか。いっそのこと肌トラブルが多ければ若いころからケアをしっかりしていただろうに。

後悔しても戻れるわけではないので、今の年齢や悩みにあった基礎化粧品(高級!)を使いながら地道にケアしています。

過去のツケ!ついに目立ってきた大量のシミ!

自分が小学校の時は、夏休み明けにはクラスで「くろんぼ大賞」といって一番真っ黒に日焼けした人を健康的だとして表彰するような時代で、私は毎年大賞をもらってました。

二十代になっても日焼け=健康美という世の中の価値観の中、小麦色の肌がオシャレで日サロが流行っているという時代が確かにあったんです。

紀香も小麦色でエアラインのCMに出てましたもん。個人的にもくろんぼ大賞をずっととってきたくらいですから、太陽光線が無性に好きで、海辺にも日焼けするために出かけて行っては日がなゴロゴロ、近所に出かけるくらいなら日焼け止めも塗らずウロウロ、三十代になって日焼けは悪と言われ始めても長年の癖はなかなか抜けず、自分だけはシミが出来ないんじゃないかという根拠のない自信の中、対策せずにアマテラス万歳で日差しを浴び続けて生きてきたら、ついにきました!

私にもシミが出来る日が!しかも一気に!!一番最初に気づいたのは、顔よりも手の甲でした。私の勘違いでなければ料理中の油が飛んできてアッチッチとなった後、元来が適当な性分なので冷やしもせずにいたら数日後そこにおばあちゃんのような大きなシミがポンと出来てて恐れおののきました。

思えばこの頃から自分の修正力より老いの速度の方が速くなってんだと思います。そこから顔のシミが目立ち始めるのはすぐでした。老人性イボってのも出来始めました。出来始めたらどうにも止まりません。遅ればせながら美容皮膚科通いを検討しています。自分だけは例外なんてありません!若い方は油断せずに日焼け防止に努められることをお勧めします。

紫外線に効果のある飲食物で身体を守ろう

紫外線に身体に当たると、日焼けだけではなくしみやそばかす等の肌荒れの原因にもなります。

日焼け止めクリームを塗って日焼け防止になりますが、肌が露出する部分は保護できても内側はカバーすることは難しいです。

身体の内側を紫外線から保護するには、ビタミンCの補給がいいといわれています。

一番ビタミンCの含有量が多いのは「いちご」です。

えっ、レモンじゃないのと思われますが、レモン1個当たりのビタミンCの含有量は20mgですが、いちごは5から6粒で62mgとレモンより多くのビタミンCが含まれています。

ただ、いちごの摂り方といつ食べるのかというタイミングがあります。

それはいちごを水で洗い、へたを取って生で食べることです。いちごジャムにしたり、砂糖やコンデンスミルク(練乳)をかけて食べるとビタミンCの量が減るので生で食べたほうがビタミンCの補給にもってこいです。

食べるタイミングとして朝食の最後に5から6粒を食べれば紫外線対策となり、紫外線を浴びた(日焼け)直後に食べるよりより効果があります。

紫外線対策を忘れてしまった時は「アセロラジュース」が効果的です。アセロラもいちご同様にビタミンCが多く含まれており、いちごでは飲み物にすることは難しいですがアセロラはそのままジュースにすることができて、しかもビタミンCが壊れにくいです。

アセロラジュースは缶飲料やペットボトルに入ったものがあり、コンビニエンスストアやスーパーマーケットで見かけ、まとめ買いをすると安価です。

そうだったらアセロラそのものがいいのではと思われますが、アセロラを扱っている店舗が少なく、見つかったとしても高価なのでアセロラジュースの方がお得です。

また、アセロラジュースには紫外線に効果のある「アントシアニン」が含まれていますが、その分糖分も含まれているので一度に飲むよりこまめに飲んだほうが効果があります。

逆に紫外線のダメージを強くしてしまう食材があります。

それは「オレンジ」や「グレープフルーツ」の柑橘系の果物です。

両者ともビタミンCはレモンには負けじと多く含まれていますが、「光毒性」(こうどくせい)物質の「ソラレン」が含まれています。

ソラレンは紫外線を吸収する物質でいくら柑橘系の果物でも紫外線対策とは逆効果になるので注意が必要です。

夕食にソラレンを含んだ飲食物を摂取しても、紫外線の影響は出ません。

紫外線対策には美味しいヨーグルトで

5月 6月になると、日差しが強くなり、又、長袖から半袖になるので、肌を出すことが、多くなる季節ですね。

そんな季節になると、一番気になるのは紫外線です。

特に女性にとっては、紫外線は肌トラブルの一番の原因になります。

日差しが強いと言うことは、暑くなると言う事に繋がり、誰もが、肌を出し、涼しい服装になることは、自然なことですよね。

その反面、肌が焼けてしまうことに繋がってしまいます。

又、日焼けした肌をそのままほっといて、後々シミに残っている人もいるのではないでしょうか。

そうなってしまう前に、早めにケアをしてみたらどうでしょう。

今、あなたの頭の中で、私と同じことを思い描いているのではありませんか。

そう、薬局で売られている日焼け止めのクリームをこまめにつけることも必要だと思います。

でも、毎日のことで、手を洗ったり、汗をかいたりすれば、クリームは落ちてしまいますよね。

そこで、私がお勧めする紫外線対策線を紹介します。

私は、毎日ヨーグルトを食べていますが、紫外線対策に効果があるなんてびっくりしたことを、今でも覚えています。

ヨーグルトの効果としていくつか挙げられています。

ヨーグルトには、生きた乳酸菌があり、その乳酸菌が腸に届き、体の内側から綺麗にしてくれる効果があります。

その為、ヨーグルトの善玉菌が増えて、肌のトラブル解消に繋がります。

ヨーグルトとの食べ方で加えていくとすれば、フルーツです。

バナナ、リンゴ、キュウイフルーツなどを加えてヨーグルトに混ぜてみたら、どうでしょう。フルーツを混ぜると、ますます効果アップにも繋がると思います。

では、いつから食べたほうがよいのでしょうか。夏になってから、それとも日差しが強くなってきてから?いやいや、ちがいますよ。今、この2月3月のこの時期です。

ヨーグルトとは、薬では、ありません。

食品ですので、毎日の朝でも夜でも、自分の好きな時間でとることが可能です。

地道に長い時間で無理せず、ヨーグルトを食べ続けることが肌のトラブルを抑える効果が期待できます。

皆さんも、一度お試しください。

紫外線を浴びたとしても、今年は、ヨーグルトを食べているので対策は万全です。

もし、肌を出す服を着たとしても、焼けることも気にしないで、歩けるのかもしれませんね。

さあ、ヨーグルトを食べて、紫外線対策をしっかりとケアをしましょう。

そして、毎日おいしく食べることが、大切だと思います。